'; ?> スイーツ1級|デコの資格取得は日本デコレーションアーツアカデミー


HOME > スイーツデコ1級検定

スイーツデコ1級検定

粘土の造形に加え、1級で学んだレジンやウレタン、透明粘土などスイーツデコレーションに関する応用技術が身についているかの試験です。

 

年三回(2月・6月・10月)開催です。

※会社都合や自然災害等により開催されない場合がありますことをご了承ください。

 

 

 

 

受験お申込み期間

お申込み期間:開催前月の 1日〜20日

 

受験を希望される方は、上記期間中に当サイトのお申込みフォームをご利用ください。

 

受験料のお支払方法にカード決済以外を指定された方(銀行振り込み)は、20日までのご入金有効です。

20日以降に振り込まれた場合、自動的に次回の検定対象となりますのでご注意ください。

※やむを得ず20日以降の入金になる場合は、必ずLIPDECO(info@lipdeco.jp)までご連絡ください。

試験開催期間

試験開催期間:開催月 1日〜翌月 1日(一カ月間)

 

課題は申し込み後、ご入金確認次第発送されます。

開始日までに受け取れなかった場合でも締切日は変わりませんのでご注意ください。

(そういった可能性も含め、この期間を設定しております)

 

開催月翌月 1日の消印・宅配便受付印有効です。

これ以降に届いた場合、無条件で失格となりますのでご注意ください。

 

作品が完成次第、締切日以前に発送して頂いてもかまいません。

※作成時間は合否の判断要素に含まれません。

また、早めに送っていただいた場合でも添削と返送は時間がかかる場合があります。

 

ストーンデココースと比べて期間が長いのは、粘土をしっかりと乾燥させるためです。

また、パーツごとにかかる時間を考慮してこの時間を設けてあります。

作品はしっかりと乾いてから送ってください。

 

作品はLIPDECOが責任を持ってひとつひとつ添削(判断)いたします。

合否の連絡は作品の返送と同時に行い、合格者にはディプロマ(認定書)を同封いたします。

受験資格

  • 通信講座もしくはスクールでスイーツデコ1級を修了し、2級検定に合格(資格を所有)していること。

指定課題

合計1つ

  • キャンドルホルダーデザートプレート

受験料

¥10,800(税込)

 

・こちらからの送料、事務手数料等込の価格です。

・この他には振込手数料(お支払方法に銀行振り込みを選択した場合)、課題作品を送っていただく際の送料のみご負担願います。

指定デザイン

☆こちらで用意するキャンドルホルダー(もしくはキャンドル)を置くことができるスイーツ盛りプレート。

 

☆作品パーツの一部に、発泡ウレタンをレジンを必ず使用すること。大きさや量は問いません。

 

☆必ず1つは5cm程高さのあるパーツ(ケーキやドーナツまたは、何段かのアイスやフルーツなど)を入れること。

 

NG例)キャンドルホルダーの周囲にマカロンとアイスを置き、ソースをかけただけの作品。見た目は本物のデザートプレートのようできれいでも、立体感のある盛りつけ技術が見られないのでNGです。また、高さがあるからといってチョコスティックのような棒状のパーツのみでの表現も避けてください。(普通に添え物として組み込む分には大丈夫です)

 

☆市販のプラスチックや金属パーツ等の使用禁止。すべて自分で作成したパーツを使用すること。また、ファブリック(布製)パーツの使用  も厳禁です。

 

例)布製のくまパーツやでかリボンを使用→×

 

※スワロフスキーエレメントやアクリルストーン・パール等で一部にワンポイントデコをすることは許可します。

 

☆市販の型(ドーナツ、マドレーヌなど)を使用したパーツのみで製作するのは禁止。(例:レジンやウレタンを市販の型で製作したものだけではNGです。マカロンやフルーツ類など、自作のパーツを必ず盛り付けましょう)

 

☆キャンドルホルダーは当方で置ける(はめられる)かどうかチェックするので、送ってくるときにはめこまなくても大丈夫です。(制作したトレーのみ送付。キャンドルホルダーごと接着して制作した場合や、見た目的にどうしても一緒に送りたい場合は送ってもかまいません。その際はホルダーが壊れないようにきちんと梱包してください)

採点ポイント

  • 到着時に破損しないよう、しっかりと接着・梱包できているか。
  • 粘土がきちんと乾いているか。
  • キャンドルホルダーが置けるもしくははめられるスペースがあるか。
  • レジンおよびウレタンを使用したパーツが組み込まれているか。
  • キャンドルホルダー大(もしくは同等の高さ)のパーツがあるか。
  • レジンはしっかり硬化しているか、表面にべたつきがないか。
  • ウレタンはしっかりふくらんでいるか。
  • パーツの表面にひび割れや目立つ毛羽立ちがないか。
  • 市販のパーツを使用していないか(自作のパーツのみで製作されているか)。
  • テキストに作り方が載っているパーツは、それの通りもしくはそれと同等のクオリティで製作されているか。(ダメな例→マカロンはピエ(ひだ)の作り方が載っているにも関わらず、ピエなしで製作されてきたら減点です)

 

  • パーツに、ホイップやソースその他の余計な汚れがついていないかどうか。
  • 着色を必要とするパーツは、見落としがちな部分(例:イチゴの種穴、ブルーベリーの上の穴)まできちんと塗られているかどうか。
  • ソースが使用されている場合、きちんと硬化しているかどうか。
  • パーツに目立つ指紋や傷跡がないか。
  • トレーおよびキャンドルホルダーに余分な汚れが付着していないか。
  • その他、検定の規定を守って制作されているか。

注意事項

  • 課題と書類は不備のないよう送ってください(書類のないものは受付できません)。
  • 本人以外が製作したと発覚したものは、資格認定後でも資格はく奪となります。
  • 指定の提出日以降に発送されたものは無効です。
  • 記載されていること(また、それに関すること)以外の検定に関する質問にはお答えできません。
このページの先頭へ戻る